TDCC LABORATORY
TDCC 研究室



  HOME

ロサンゼルス・オリンピック銀メダリストの江藤正基まさき選手のこと


   かつて、我が国の男子レスリングはオリンピックでメダル常勝でした。ところが、1984年のロサンゼルス・オリンピックで、江藤正基選手がグレコローマン57Kg級の決勝戦で西ドイツの選手と対戦したとき、主審の誤審により、金メダルの筈が銀メダルに泣き、日本の抗議も通りませんでした。ご存知の方も多いと思いますが、この選手は山本信雄の妻・山本暁子(旧姓名 仁藤暁子)の妹さん・江藤恵子よしこ(旧姓名 仁藤恵子)さんの旦那さんの弟さんです。なお、江藤選手は、前年度の世界選手権で優勝しています。
   ロサンゼルス・オリンピックに招待観戦されていた江藤選手のご親戚の方々は、目の前の決勝戦が誤審と分った瞬間のに落ちない気持は如何量いかばかりであったかを、後年、山本信雄の妻からうかがっています。
   一方、山本信雄はこのとき、夏季休暇をとって、猛暑の中、新潟県の妙高山系の焼山付近で1人車を止めてNHKラジオの中継を熱心に聴いていました。審判の誤審にはしばらく暗澹あんたんとした気持でいましたが、そのときは、現在の妻との出会いから江藤氏の親戚になるとは夢にも思っていませんでした。世間は狭い。
   江藤氏は選手を引退後は後進の指導に尽力し、日本レスリング協会理事などの要職を歴任。長年、自衛隊体育学校の教官として教育にたずさわって来られ、ご多忙の日々を送られましたが、2009年3月に定年ご退官なされています。今後とも、氏のご健康をお祈りする次第です。

   男子グレコローマンスタイルでの復活が望まれるところです。

  (クリックすると拡大でご覧なれます)
1984年ロサンゼルス・オリンピックで金メダルのはず
まぼろしと消え、銀メダルになった決勝戦
この写真は江藤正基氏から提供されました。



ご親戚の結婚披露宴にて   1997年12月24日(水)


~ブラウザの「戻る」で 前頁 に戻ります~

~または、下のボタンを押して HOME に戻ります~


HOME


updated: 2007.3.15, edited by N. Yamamoto
Revised in Dec. 05, 2012, Mar. 02, 2015, Mar. 16, 2015, Jul. 20, 2016 and Aug. 09, 2016.