TDCC LABORATORY



   HOME

Hard Rock Cafe HOLLYWOOD からプレゼント(?) された大きなフルーツサンデーのグラス

(クリックすると拡大でご覧なれます)
    私たち(山本信雄と暁子)は晩婚で1997年12月24日(水)に結婚し、この翌日からクリスマス休暇中のアメリカ西海岸に新婚旅行に行きました。 (信雄は生まれて初めて飛行機に乗りました。) ロサンゼルス空港からサンタモニカ、ロサンゼルス市内、ハリウッド、を見学し、翌日、ディズニーランド、 さらに翌日、ラスベガス、その翌日の28日(日)に再びハリウッドに戻ってユニバーサルスタジオを見て回りました。 その夕方に、「何処で食事を取ろうか。」と歩き回り、偶然目に入った ハードロックカフェハリウッドに入ったわけです。さすがハリウッド。 軽やかなロック調のポップスの音楽が流れる中、華やかなたたずまいに圧倒されました。 日本で聞くロックミュージックよりずっと軽快でリズムがよい。

    2階の奥の席に座ってゆっくりしていると、斜め後ろの席に座っていた白人青年の3人グループの1人が、「ハーイ!」と座ったままこちらを見て 親しげに声を掛けてきます。ああ、そうだ。さっき、ユニバーサルスタジオの超満員の巡回トレインに乗ったときに、斜め直ぐ後ろに座っていた若い人だ。 また会ったな。私も「ハーイ!」と返しました。僕たちを日本人と思っていないような感じだった。

    特大ビックリのビーフステーキとこれまたすごいボリュームのフルーツサンデーを「美味しい、おいしい」と平らげました。 すると、最初から私たちを給仕していたごっつい体つきの黒人が2個のボール箱を持ってきて、 いま飲み干したばかりのフルーツパフェが入っていた大きなグラスを、そのボール箱に詰めるではありませんか。 ガラスの内側に付いている飲みかすをそのままに。 そしていわく、「これを差し上げます。どうぞ持って行ってください。」勿論もちろん、英語で)

    イヤー。私たちはビックリぎょう天で、汗びっしょり。恐縮と嬉しさの入り混じった複雑な気持ちで1階に下りて会計を済ませました。 なぜ、プレゼントされたのだろう? 新婚さんだと分かったのかな。イヤ、新婚さんなら他にもたくさんいるに違いない。 ハリウッドの、否、日本から来た俳優と女優と勘違いされたのか?(それはないな。)??

    お店のオーナーが給仕に指示なさったのか、給仕の方が実はこのお店のオーナーだったのか。今でも思い出していろいろ考えています。

    その後、ハードロックカフェ・ハリウッド店の現在のメニューを見るとデザートの一部に下記の赤字で示したように、 追加料金でグラスをキープできると書かれています。 私たちもいつの間にか追加料金で購入したことになっていたのかもしれません。
   しかし、当時ハードロックカフェ・ハリウッド店に 販売用の諸グッズは見当たらなかった、と妻が言います。

    Hot Fudge Sundae
    A regular portion of Haagen-Dazs vanilla ice cream, topped with hot fudge sauce, chopped walnuts, fresh whipped cream, chocolate sprinkles and a cherry.
    Put it in a souvenir Martini glass and keep it for an additional fee.

    その戴いたグラスと箱が右上の画像です。大変よい形をしています。グラスのたけは21.5センチもあります。 この画像のように、グラスには Hard Rock CAFE と HOLLYWOOD のロゴが印刷され、箱には Hard Rock CAFE とだけ印刷されています。 いずれにしても記念となりました。あの親切な黒人の給仕さん、有難うございます。
    レジで支払った金額はお料理相当にしては案外安かったので、その金額以上の物を戴いてしまった、という感覚でした。

(クリックすると拡大でご覧なれます)


ユニバーサルスタジオの入り口で歓迎を戴いた
マリリンモンローのそっくりさん

1997年12月28日(日)

ハードロックカフェ・ハリウッド店で
食事をして出た後の記念写真

1997年12月28日(日)

    11年後の2009年1月5日(月)に、大阪にあるユニバーサルスタジオ・ジャパンへ行って来ましたら、ここでもマリリンモンローのそっくりさんに歓迎されました。 オォ、恥ずかしい…。午後2時半頃でした。
    ちなみに、場所は入口ゲート近くのお土産物みやげもの街を過ってぐのレストラン 「ビバリーヒルズ・ブランジェリー」の内部です。 マリリンモンローのそっくりさんが、ミルクとサンドウィッチの昼食をしていた私達に"Can you speak English?"と言いながら、 真っぐ近付いて来られたのです。
    なお、ここのサンドウィッチはアメリカ本場の味付けで非常に美味おいしく、国内では普段ふだん味わえない味でした。

(クリックすると拡大でご覧なれます)


ユニバーサルスタジオ・ジャパン(大阪)での
マリリンモンローのそっくりさん

2009年1月5日(月) PM2:30



~ブラウザの「戻る」で 前頁 に戻ります~

~または、下のボタンを押して HOME に戻ります~


HOME


updated: 2008.01.30, edited by N. Yamamoto
Revised in Mar. 16, 2015.