TDCC LABORATORY



   HOME

直径 3 センチの大きなひょうが降りました        山本信雄

    2012年5月6日(日)13時前に茨城県つくば市(北条ほうじょう地区)や栃木県真岡もおか市、 益子ましこ町で大きな竜巻がおそい、 竜巻の通り道(気象庁の発表では、幅500メートル、長さ15キロメートル)に大きな爪跡つめあとを残し、 犠牲者ぎせいしゃも出ました。 その前日から西日本各地で雷雨が発生し始め、竜巻が発生した当日は東日本各地の広い範囲で降雹こうひょうを伴う雷雨となり、 落雷による犠牲者も出ています。
    竜巻が発生したその日、私たちが住む茨城県ひたちなか市では、14時から雷雨とともに10分間雹が降りました。ゴルフボール大の雹もありました。 その様子を以下の画像に示します。ちなみに、茨城県笠間市では、直径6センチの雹が降った、と茨城新聞が写真つきで報じています。 また、茨城県石岡市(旧)八郷やさと地区では、にぎりこぶし大の雹が降った、と同新聞が文面のみで報じています。
    なお、数日前は全国各地で暖気による大雨、その後、5月4日から5日にかけて強い寒気が入り、 北アルプスで多くの人が突然の吹雪で遭難そうなんしています。

(クリックすると拡大でご覧なれます)
竜巻を報道する茨城新聞

(クリックすると拡大でご覧なれます)
降雹

(クリックすると拡大でご覧なれます)
芝生しばふに降り積もったひょう

(クリックすると拡大でご覧なれます)
ゴルフボールのように転がって

(クリックすると拡大でご覧なれます)
雹のサンプル 1

(クリックすると拡大でご覧なれます)
雹のサンプル 2



~ブラウザの「戻る」で 前頁 に戻ります~

~または、下のボタンを押して HOME に戻ります~


HOME


updated: 2012.05.12, edited by N. Yamamoto
Revised in Dec. 26, 2013 and Mar. 16, 2015.