TDCC LABORATORY



  HOME

幻日げんじつ  太陽が2つ!

山本 信雄

(1)   1990年8月、茨城県那珂市本米崎の久慈川近くの田圃を車で走行中に、ふと西日を見ると、太陽が2つ見えるではありませんか。どちらが本当の太陽かが瞬時には判断できませんでした。車を降りて撮った写真がこれです。西の空(栃木県側)には積乱雲(雷雲)があって、このため高度1万メートル付近に高層雲が発生し、この中の氷晶が太陽光線を屈折させて、太陽の像を作るためと、すぐに判断されました。この翌年に、同じ現象の写真がスクープとして新聞を飾りましたが、もし、私が新聞社に連絡していれば、と一寸悔やまれました。

(クリックすると拡大でご覧なれます)

幻日      茨城県那珂市本米崎にて      1990年8月

(クリックすると拡大でご覧なれます)

左の数10秒後で幻日がうすれてきました      こちらが左図よりも現実の色彩に近い



(2)   2011年5月25日(水)17時57分に、茨城県ひたちなか市東石川の勝田ワークプラザ付近で、明瞭めいりょうではありませんが、次のような幻日が見られました。

            (クリックすると拡大でご覧なれます)

17時57分
17時59分
幻日   茨城県ひたちなか市東石川にて2011年5月25日(水)


~ブラウザの「戻る」で 前頁 に戻ります~

~または、下のボタンを押して HOME に戻ります~


HOME

updated: 2008.02.12, edited by N. Yamamoto
Revised in Apr. 14, 2012, June 23, 2012, Mar. 16, 2015 and Jul. 24, 2016.