TDCC LABORATORY
TDCC 研究室



   HOME

昔の古いアメリカ製トースター

    ここに古いアメリカ製のトースターがあります。前世紀初頭のものと思われます。下の画像はそのトースターです。 多分、東北帝國ていこく大学工学部電氣でんき工学科の備品として置かれていたものと思われます。 私(山本)が最初に見たときは、1965年に東北大学工学部電子工学科の八田研究室に卒業研究生として配属されたときに、指導教官の 間瀬ひろし先生(茨城大学工学部名誉教授)が 足元の暖房用として使用していました。

(クリックすると拡大でご覧なれます)

図1 前世紀初頭のアメリカ製トースター
図2 ヒーター点灯
図3 横から見る
図4 上から見る

    1967年初頭に電子工学科が仙台市片平丁の東北大学本部から青葉山に移転となり、大掛かりな引越し作業のときに、 このトースターが鉄くずとしてたくさんのゴミの中に捨てられていました。 私が「勿体ない。」と思って、上司に譲受じょうじゅを願ったところ、 「ああ、持って行っていいよ。」とおっしゃるので、私が家にずっと保管していた訳です。 ながめると、簡素だけれども、なかなか洒落しゃれたいい形をしていて、 アメリカの一般家庭への電化黎明れいめい期の息吹いぶきが感じられます。 鉄板に洋銀のようなメッキがしてあり、組み立ては歯止はどめのみ。ネジやボルト・ナットは一切使っていませんが、未だにガタが全くありません。 さらに、驚くべきことに、今でもヒーターが点き、パンを焼くことができるのです。食パン挿入枠そうにゅうわくが、 「2人が向かい合ってダンスをしている」という図がらになっていて、 焼けたパンにその図柄が浮きりのように写されます。 しかも、今のオーブンやトースターよりも焼き具合がよくて、焼けたパンの味も格段によいのです。この点、昔のほうが優れています。 なお、図6ではパンの耳を切ってありますが、現在の食パンが大きくて枠に入らなかったからで、 昔の食パンが今のよりも小さかったのですね。

(クリックすると拡大でご覧なれます)

図5 2人でダンスをしている図案
図6 ヒーターを入れます
図7 パンにダンスの図案が浮き彫りに

    パンを裏返うらがえすときにつまむ取っ手はエボナイト製で、画像にありますように、そこには 「STAR ELECTRIC TOASTER, FITZGERALD MFG CO. U.S.A.」と印されています。 1905年にニクロム線が発明されていますが、 このトースターは、トースターの歴史には載っていません。

(クリックすると拡大でご覧なれます)

図8 パンを裏返す
図9 エボナイト製のツマミ

    裏を見ますと、画像でははっきりしませんが、 「STAR ELECTRIC TOASTER, PATENTED, 105-115 VOLTS 550 W, MANUFACTURED BY FITZGERALD MFG CO., TORRINGTON, CONN., 75.000」 と刻印されています。これをもとにインターネットで調べますと、 或るサイトにこれと同じトースターを見つけました。 このサイトを見ますと1921年製だと分かります。また、このサイトを参考に和訳しますと、 「星式電気トースター、特許、105-115ボルト用、550ワット、フィッツジェラルド MFG(Manufacturing 製作所) 株式会社製、コネチカット州トリントン、型番75.000」 となります。なお、この会社名はインターネットで調べましたがありません。
    アメリカの配電電圧が 110 ボルトであることを物語っていて、現在のアメリカと同じだそうです(周波数 60 ヘルツ)。 電源コードへの接続プラグが、1980年代以前の日本の電気コタツのものと規格が同じでした。今の電気コタツの規格とは合いません。 画像に見える電源コードは以前の電気コタツのものです。この点について、日本原子力発電㈱のOBである 酒井公雄氏に伺ったところ、 日本の電気製品の規格はアメリカのものを踏襲とうしゅうした名残なごりとのこと。

(クリックすると拡大でご覧なれます)

図10 トースターの底の構造と刻印
図11 電源プラグ

    2007年当時のアンティーク・オークションで 50 ドルという安い価額でした。電気製品はどんなに古くても安いのが相場です。

    [世界最初のトースター]
    参考までに、世界最初のトースターを川崎市にある東芝博物館で特別に見せてもらったことがあります。年代は分かりませんが、エジソン社の製品だそうです。 そのトースターは次の画像です。

(クリックすると拡大でご覧なれます)

図12 世界最初のトースター(東芝博物館所蔵)
1996年撮影



~ブラウザの「戻る」で 前頁 に戻ります~

~または、下のボタンを押して HOME に戻ります~


HOME


updated: 2007.11.28, edited by N. Yamamoto
Revised in Mar. 05, 2015 and Mr. 16, 2015.